メニュー

初診から治療開始までの流れ

①電話にて初診日時の予約

 初診ではご本人の状態に応じて現病歴や症状などを詳しく聴取したり、臨床症状を確認するための様々な検査を行うため、診察に3040分がかかる場合がございます。

 来院される皆さまの待ち時間をできるだけ短縮するため、原則的に初診は電話での予約をお願いしております。

 予約状況によって当日でも初診の予約が可能な場合もございますので、ぜひ来院前に電話にてお問い合わせください。

 また、気になる症状があったり、受診が必要かどうか確認したい場合などにつきましても、ぜひお気軽にご相談ください。

 <本人を連れて来れない場合>

 ご家族だけ来院してのご相談も承っております。今後の方策についても一緒に検討できますので、電話にてお問い合わせください。

 <本人に「認知症の診察」と伝えられない場合>

 「健康診断」や「家族の受診の付き添い」などの理由にて来院していただければ、あとは当院にて対応させていただきますので、電話時や来院時にスタッフまでその旨をお知らせください。

 

②来院して問診票の記入(看護師からも簡単にお話しを伺います)

 <是非お持ちいただきたいもの>

 ・お薬手帳(内服状況の経過が分かるもの)

 ・すでに他院にて認知症などの変性疾患について治療受けていらっしゃる場合は、可能であれば主治医からの「診療情報提供書」や過去に実施した「頭部MRI・CT画像(検査をされた病院にお願いするとCD-ROMにしてくれます)」「各種検査結果」等も用意していただくと助かります。

 ・またメモでも構いませんので「時系列に症状の経過についてまとめたもの」もありますと助かります。

 

③初回診察

 医師から全体的な病態を把握するために問診や各種検査を実施いたします。

 

④必要な検査の実施・予約

 診察後、必要に応じて当院にて血液検査と心電図等の検査を実施します。

 また頭部MRI検査などの画像検査が必要な場合は、当院には検査機器がないため提携している検査医療機関や病院に依頼いたします。

 

⑤診察2回目

 各種検査結果とともに考えられる診断についてご説明させていただきます。

 診断に基づいて投薬治療を開始いたします。(状況に応じて初診時より治療を投薬開始する場合もございます)

 

⑥診察3回目以降

 本人の状態を確認するとともに前回以降の症状について経過を伺い、投薬内容について微調整をしていきます。


※以上が基本的な流れになりますが、ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽に電話にてお問い合わせください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME